topページへaboutIMSEP(イムセップ)

IMSEP(イムセップ)

imsenp

「IMSEP」は、I.P.T.F.(International Piano Teaching Foundation 国際ピアノ指導者協会)のジャパンディヴィジョンである「ペース・メソッド研究会」が主催する
"ペース・メソッド音楽性アチーブメントプログラム"です。
バランスのとれた音楽教育を進めていくペース・メソッドのテキストには、能力を身につけ進歩へ導くためにアチーブメントテストのページが設けられ、音楽性開発の過程での到達度を確認できるようになっています。このアチーブメントテストの考えを基に行うのが「IMSEP」です。

ジャパンディヴィジョン・エリアコーディネーター 神保 洋子

ペース・メソッドは、バランスのとれた総合的学習を導入から専門レベルまで一貫して行う全調メソッドで、"らせん学習"をして自ら学んでいくという学習形態をとります。
各レベルで子どもたちは、"Thinking in motion"(行動しながら思考する)をしながら成長していきますが、こうした一連の学習過程はなかなか目にする機会がありません。
そこでペース・メソッドでは、結果とともに学習過程を重視する「IMSEP」を設けました。

これまで参加下さいました色々な方から次のような感想を頂いています。

  • [生 徒]
    「ドキドキしたけど、楽しかった!」「また参加したい!」
  • [保護者]
    「初見、移調、バリエーションなどを、お友だちと協力 しながら楽しんでいる様子が見えて、こんなすごい内容のことをレッスンでしているんだと驚きました」
  • [指導者]
    「今持っている能力をしっかり出せる場ができて 自信につながった」「積極的に学習するようになった」「レッスンで何が必要で何が足りないのかが見えた」

また、外部評価委員をはじめ多方面の方々からご賛同を頂き、生徒や先生のレベルアップにも、貢献しているようです。 ペース・メソッドの指導者、ペース・メソッドで育つ子どもたちが自信を持って歩んでいける一端を「IMSEP」が担ってくれることを望んでいます。 

主旨・目的

  • 生徒や指導者が、日頃レッスンで培ってきた様々な音楽的能力の到達度を確認するために、グループレッスンや個人演奏の場を設けて第三者の評価やアドバイスを受ける機会を提供する
  • 評価委員からの直接のアドバイスや「評価表」、そしてペース・メソッド研究会からの「IMSEP認定証」の授与を通して、頃のレッスンや生徒をバックアップする

生徒、保護者、指導者にとって、下記のようなことが得られる有意義な場となるように

生徒 目的を持って自主的かつ積極的にレッスンを進めることができる
今まで学習してきた事柄を頭の中で整理し再確認することによって、更なるステップアップにつなげることができる
人前で表現(演奏)する機会を得ることができる
参加クラスの中で社会性を養うことができる
場合によっては、参加クラス以外の他のクラス(レベル)を参観できる
保護者 バランスの取れたレッスン全体を参観できる(他のレベルを参観出来る場合もある)
子ども達の成長が確認できる
評価委員のコメントを聞くことで、ペース・メソッドをより理解できる
指導者 バランスの取れたグループレッスンの進め方が学べる
様々なレッスンのアイディアを知ることができる

参加要項

参加者 ペース・メソッドで学んでいる生徒
ペース・メソッドで学んでいる生徒と同等の力を有する者
参加レベル/
テキスト範囲
ビギナー(キンダー終了)
初級A(レベル1・P26まで) 初級B(レベル1・P35まで) 初級C(レベル1・終了)
初級D(レベル2・P13まで) 中級A(レベル2・P38まで) 中級B(レベル2・終了)
中級C(レベル3・P13まで) 中級D(レベル3・P25まで) 中級E(レベル3・P35まで)
中級F(レベル3・終了)
上級A(レベル4・P13まで) 上級B(レベル4・P25まで) 上級C(レベル4・P35まで)上級D(レベル4・終了)
カレッジA(レベル5)
カレッジB(レベル6)
参加方法 グループ参加 1...教室のグループレッスン全員参加
(参加人数によっては他教室の同レベルの参加者と合同になる)
グループ参加 2...教室のグループレッスンより数人の参加
(参加人数によっては他教室の同レベルの参加者と合同になる)
個人参加...個人参加者でグループを組んで1クラスとする
同レベルのグループに参加する
進め方 [1]ペーパーアチーブメント(ビギナーは除外)
・当行う初見奏課題の分析を書く
・テキストに沿ったメンタルジムや『ドリルブック』より出題

[2]グループアチーブメント
・日頃のレッスンと同じ形態で行う
・指導委員が「IMSEPコミッティ」(※)発行のカリキュラム表を基に進める
・グループアチーブメント項目
(初見奏、移調奏、バリエーション、Q&A、メンタルジム、耳の訓練、テクニック)

[3]関連曲演奏アチーブメント(ソロまたはデュエット)
・分析した楽譜を評価委員に提出
・どのように演奏したいかなどのコメントを言ってから弾く
[4]評価委員から各項目についてのコメントを聞く
 
所要時間 ビギナー・・・「進め方[2][3][4]」を通して約1時間10分
初級以上・・・「進め方[1][2][3][4]」を通して約1時間半〜2時間

※「IMSEPコミッティ」とは、ペース・メソッド研究会の専門部に属し、指導スタッフ・実行 スタッフ若干名で構成される

開催履歴

        
2012
日付 地区 内容
9/2 Cブロック:関西 奈良県北葛城郡 北奈良・南奈良研究会...ビギナー・初級ABC 28人
9/9 Cブロック:関西 大阪府堺市 堺研究会...ビギナー・初級BBCD 23人
12/2 Cブロック:関西 兵庫県宝塚市 大阪*長田・宝塚雲雀丘研究会...ビギナー・初級CCD・中級A 18人
2011
日付 地区 内容
3/13 Cブロック:関西 大阪府池田市 大阪*長田・宝塚雲雀丘研究会...初級ABBC・中級A 23人
4/29 Cブロック:関西 奈良県生駒郡 奈良研究会...ビギナー・初級ABCD 23人
8/27 Cブロック:関西 奈良県生駒郡 北奈良・南奈良研究会...初級ABC・中級AB 19人
8/28 Cブロック:関西 奈良県葛城市 北奈良・南奈良研究会...ビギナー・初級AA 13人
11/27 Cブロック:関西 大阪府堺市 堺研究会...ビギナー・初級ABC・中級A 21人
2010
日付 地区 内容
6/20 ABブロック:関東 神奈川県海老名市 湘南研究会...初級BD・中級AA 21人
8/29 Eブロック:北部九州 福岡県糟屋郡 福岡南・福岡東研究会...初級ACDD 24人
10/31 Cブロック:関西 奈良県葛城市 大和郡山・南奈良研究会...ビギナー・初級A・中級AA 19人
11/21 Cブロック:関西 大阪府堺市 堺研究会...ビギナー・初級ABBD 27人
2009
日付 地区 内容
10/18 Cブロック:関西 奈良県葛城市 奈良三研究会合同...ビギナー・初級ABCD 24人
11/28 Cブロック:関西 大阪府堺市 堺研究会...ビギナー・初級ACD・中級A 21人
12/6 Cブロック:関西 兵庫県宝塚市 大阪*長田・宝塚雲雀丘研究会...ビギナー・初級ABD 24人
2008
日付 地区 内容
2/2 Cブロック:関西 奈良県葛城市 南奈良研究会...初級ABCC・中級E 23人
2/24 Cブロック:関西 兵庫県神戸市 堺研究会...ビギナー・初級AC・中級A 25人
3/2 Cブロック:関西 大阪府堺市 堺研究会...初級AABCC 27人
9/27 Cブロック:関西 奈良県北葛城郡 奈良三研究会合同...ビギナー・初級ABC・中級F 27人
10/19 Cブロック:関西 兵庫県宝塚市 宝塚雲雀丘研究会...ビギナー・初級ACCD 23人
11/29 ABブロック:関東 神奈川県海老名市 湘南研究会...初級BCD・中級A 21人
11/30 Cブロック:関西 大阪府堺市 堺研究会...ビギナー・初級BCC・中級A 29人
2006
日付 地区 内容
10/29 Cブロック:関西 大阪府堺市 堺研究会...ビギナー・初級BC・中級A 21人
2003
日付 地区 内容
7/19 Cブロック:関西大阪府 初級後期・中級前期・中級中期(現:初級B・中級AA)17人
7/23 ABブロック:関東神奈川県 初級前期・初級後期・中級・上級(現:初級BD・中級C・上級B)16人
11/16 Cブロック:東海愛知県 レベル1・2(現:初級B・中級A)10人
11/22 Dブロック:中国島根県 レベル1.2.3(現:初級A・中級AD)14人