ペースメソッド研究会ジャーナル NO.59 2018年7月

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

即興演奏の大切さ

 

神保洋子

(ジャパンディヴィジョン・エリアコーディネーター)

4

 

 

 

 

特集1 「ダヤド(二人組レッスン)について」

 

 

 

 

 

パートナー学習(ペース先生の論文より)

神保洋子

(ジャパンディヴィジョン・エリアコーディネーター)

5

 

 

 

 

 

 

 

<紹介>ダヤドの応用 クラスアンサンブル

 

宮本佳代子(目黒研究会)

14

 

 

                              

 

 

新刊『はじめてのデュエット』で先ずダヤド

~応用:指導者もCM・イベント開催時にもダヤドで~

 

廣岡文子(奈良研究会)

16

 

 

 

 

 

 

 

ダヤドに移行する時

 

金子英美(大阪中央・京都研究会)

18

 

 

 

 

 

 

 

ダヤド(2人組レッスン)について

 

吉野洋美(八王子研究会)

19

 

 

特集2「これからの音楽教育についてペース・メソッドの視点から思うこと」 

 

 

 

 

 

 

 

今こそ、ペース・メソッド!

 

佐藤真佐子(湘南研究会)

20

 

 

 

 

 

 

これからの音楽教育もペース・メソッドで

博士の教育理念は新教育改革の基礎と同じ

廣岡文子(奈良研究会)

23

 

 

 

 

 

これからの音楽教育について

ペース・メソッドの視点から

 

吉井啓子(奈良研究会)

26

 

 

 

 

 

ペース・メソッドに出会って

 

清原美佐子(奈良研究会)

27

 

 

 

 

 

「かきごおりやさん」から広がる

音楽と人の輪

 

鈴木恭子(大阪*長田研究会)

28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペース・メソッド「地域研究会便り」

 

 

32

 

 

 

 

 

ペース・メソッド「地域研究会一覧」

 

 

38

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

40

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.pacemethod.jp/mt/mt-tb.cgi/557

コメントする

このブログ記事について

このページは、WEB担当が2018年6月30日 00:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペースメソッド研究会ジャーナル No.58 2018年1月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。